L'Always

ラルクとともに生きる。

接触を追う「25th L’Anniversary Live @ WOWOW」

Category: L'Arc-en-Ciel  

6/24にWOWOW様にて放送された「25th L’Anniversary Live

毎度の事ながら我が家では見れないので従姉に録画を頼むのですが、

彼女も生粋のオタクであるため私の気持ちを汲んでくれたのでしょう、

放送の二日後にはダビングして発送してくれていました。

さすが、持つべきものは血筋。


あの日からまだ二ヶ月ちょっとしか経ってないんですよね。

それもあってか、私の中で気持ちが「再燃」というよりはむしろ「火に油」状態だったようで、暑苦しいまでにラルク愛が炸裂してしまいました。

forbidden lover」なんか、あんまりにもテッちゃんの表情が素敵で、初回は巻き戻せるのに巻き戻す勇気が出ない程。何度も見たら私爆発してしまう!という恐怖に似た何かが全身を駆け巡っていたのでした。



見終わってまず感じたのは、

なんてあったかい空間だったんだろう

という事。


WOWOWさんが作ってくださった映像マジックもあるかもしれないけど、

ニコニコでキャッキャした楽しそうなファンの顔や嬉し泣きしちゃってる顔、男の子だって構わず。

愛がダダ漏れしちゃってるドエルと、

そして一緒に映るふわーっとした目線の「強烈なファンには見えないけど楽しんでいる」子たちの姿。

強烈なファンばかり映ってしまうと敷居が高くなってしまったり変な方向に勘違いしてしまう。

それを薄める効果もあるけど、実際ものすごく感動してる時って、自分が石になったんじゃないかって心配になる事があるじゃない?

それにガイジンじゃないんだから楽しさを外に出すのが苦手なファンもいる。

棒立ちでも実はすごく楽しんでたりさ。

そういうの全てを要所要所で挟み込みながら、

L’Arc~en~Cielが存在した、あの東京ドーム。



昔のような「わかりやすいファンサービス」が減った今でも、

すごく密にメンバーがメンバーを感じているのが、肌が焼けてしまう程に伝わってきました。

目線でのやりとり、視界の端で感じる存在、

直接的な接触もあるけど、それだけではない物が、きちんと彼らの間で存在しているって思えたんです。



という事で今回はそこに特化して、彼らの接触を書き出してみました。

写真はあげられないので文字による主観だらけの描写のみになりますが、

それでもよろしければお付き合いを宜しくお願いします。



TETSUYAさん選曲リスト@TOKYO FM「これから、何する?」

Category: テッちゃん  

7/3にテッちゃんが出演した

サプライズマンデー L’Arc~en~Ciel TESUYAの「これから、何する?」


平日お昼にTOKYO FMでたかみなちゃんがメインでやっている番組ですが、

たかみなちゃんが出演できない月曜日、たかみなちゃん指名でキャスティングされる「サプライズマンデー」に

我らがTETSUYAさんが登場しました。


そのオファーの話をしていたのはテッちゃんがゲスト出演した6/22。

実に11日後に実現しているという、(L'絡みにしては)トンデモなスピード感。


生放送なのでアシスタントにやまちゃん(昼の白やまだ復活!)も呼ばれていましたが、

要所要所で挟まれる時報(時刻は間もなく○時△分、ってやつね)を読み上げるテッちゃんがとてつもなく「不慣れ」で可愛かったし、

やまちゃんに進行を委ね切らずに自身で番組を進めたりするその「読んでる感」にも相当悶えました。


話の内容は検索すりゃわかると思うし、まだRadikoのタイムフリーで聞けるのでそっちへ行ったら良いと思いますが、

個人的には「自宅のCDラックから選んで来た

しかも1日以上かけて、という選曲がとても貴重だなと。


テッちゃんも

こういうの好きなんだ、こういうの好きだとあーいう曲書くんだ、みたいなのが伝われば良いかな

と、全曲ではないにしても選曲理由なんかもチラホラおっしゃっていたので、

それとともにリスト化しておこうと思います。



6/28 ストレイテナー「BROKEN SCENE TOUR 2017」in 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

Category: ストレイテナー  




気がついたら半年ぶりのストレイテナーのライヴです。

この半年といえば私はもう完全にラルクモードでしたので、必要以上にテナーを恋しく思う事はなかったし、何ならこのライヴの存在を前日までコロッと忘れていました、スミマセン(汗)



でもね、やっぱり見終わったら、

「ストレイテナー大好きだああああああ!!!」

って叫びたいモードにあっという間にさせられてたんです。

さすがだなあ、好きなんだよなあ、圧倒的に。


ストレイテナーから興味を完全に失くすためには、やっぱりライヴを見ない事が絶対条件なんだなあ…

っていや、嫌いになりたいとかそういう訳じゃなくて、逆説的に捉えてください、

ライヴを見ちゃえばあっという間に好きになれるんだって。



2017.6.28(Wed.)

ストレイテナー

「BROKEN SCENE TOUR 2017」

in 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

GUEST BAND:My Hair Is Bad

OPEN 18:00 / START 19:00


IMG_9757.jpg 



TETSUYA 「愛されんだぁ I Surrender」プロモーション編

Category: テッちゃん  

さて、昨日でひと段落した「愛されんだぁ I Surrender」のプロモーション。

今回は雑誌やネットのインタビューは一切なく(ないよね?)その分直接肉声で楽曲の話が聞けた展開になりましたかね。

私は現在関東を離れているためテレビの収録やリリイベなどそっと目を閉じて平常心を保ちつつ、生ではなく媒体を通して届く情報で満足するようにメンタルを仕向けておりました。


という事で今日はその辺について。



TETSUYA 「愛されんだぁ I Surrender」ヴィジュアル編

Category: テッちゃん  

一つ前の記事にて「愛されんだぁ I Surrender」の楽曲自体についてはベッタベタに触れまくりましたが

やはり今回のシングルで触れずにはいられないのがヴィジュアル面ですよ。

パッケージデザインから写真の使い方、そしてMVまで含め、私は語らずにはいられない。


ただ、要約すれば、



ど真ん中




っつーわけだ。ははーん!



TETSUYA 「愛されんだぁ I Surrender」

Category: テッちゃん  

2016年12月22日、

Christmas Dinner Showの終わりにTETSUYAさんからのクリスマスプレゼントとしてMVが初めて届けられ、

2017年4月8日、

25th L’Anniversaryの会場内で、フライヤーにて発売日とジャケ写を知り、

2017年4月28日深夜、

ラジアンリミテッドにてメディアへ音源解禁された、



「愛されんだぁ I Surrender」



MV解禁では

「ニャンコとテッちゃん!!!!!」

という、わりとシンプルな萌えを受け止めたし、

ジャケ写解禁では

「顔!!!!」

と言う更なるシンプルさでトキメキを受け止めました。


歌はMVやラジオでの解禁により

ちゃんとした音で聴ける未来へのワクワクを受け止めました。




抑えきれず、

2017年6月6日配信開始とともに私の世界に放り込んでやり、

そして本日6月14日。

無事、リリース日を迎えました!!!!

おめでとうございます!!!!


IMG_9651.jpg 




【Blurry Eyes】ダウンピックングの鬼の美学

Category: テッちゃん  

「ベーシストtetsuya」と言えば、

言わずと知れた「ダウンピッキングの鬼

どんなに速い曲やフレーズもダウンピッキングで弾き切る強靭な右手首の持ち主ですが、

「L’ArCASINO」を見ていた時にふと気づいたんです。



Blurry Eyesをオルタネイトピッキングで弾いている!




このライヴの映像って、テッちゃんの手元がとても綺麗に映ってるじゃないですか。そうすると自然に目が行く。元々手元を見るのが好きな方ではありますけど、さらに視線を集めるアングルが多かったので気になってしまったんですよ。


近年あんまりベース弾くこともないみたいだし、ついに鍛錬不足となってしまったのか…

と悲しくなったのも束の間、1サビ終わりの(パパン準備中のタイミングね)4小節間の超絶ダウンピッキングは健在


そのスコア上はこんな感じ。


IMG_9539.jpg 


スコアを見ると大した事ないような気になるかもしれませんが、このテンポで右手をピッキング風に動かしてみてください。

ちなみにギターソロ後半(ブレイク前)も同様で、ダウンで弾ききっています。

IMG_9540.jpg 


ニュアンスを出すため、表現の一つとしてもしかしたらこう言う選択になっているだけなのか、


と、またそのタイミングで「ROUTE666」も完全にオルタネイトピッキングで弾ききっているのを見てしまい、さらに混乱。

スッキリさせるために、手持ちの映像全部ひっくり返して調査しました。



【Caress Of Venus】ベースフレーズの妙

Category: テッちゃん  

tetsuyaファンに変身して丸7年経過した現在、

tetsuyaさんのベースを抜き出して聴いてみるとまだまだ発見に出会える。

その中で、今までが「テッちゃんの大筋を把握することに費やした7年間」であったんだなと気づく事がありました。


【MY HEART DRAWS A DREAM】ベースフレーズの妙

Category: テッちゃん  

25th L’Anniversary LIVEからの一ヶ月、過去のライヴ音源をじっくり聴くのが習慣のようになっているのですが、

MY HEART DRAWS A DREAM」が立て続けに流れた時、ライヴの時だけ出現する、演奏をシンプルにした「夢を描くよ」パートでMSGだけが飛び抜けて違うベースのフレーズになっている事に気づきました。


tetsuyaさんに対しては、kenちゃんのようにライヴ中にフレーズを思いっきり変えてくる印象がなかったので、

ものすごくビックリしたんですよ。

それに気づく少し前、「Caress Of Venus」に対しても同じことを思っていたというのもあって、

ここはきちんと調査しよう、と試みました。


ということで、少々私の戯言にお付き合いくださいませ。




10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

☆ハナ太郎☆

Author:☆ハナ太郎☆
期間限定隠居中。
tetsuyaさんを遠くから見守り隊。
シエルちゃんやMUKIMPOくんをこよなく愛しています。

ストレイテナー、another sunnyday、MONORALも応援中。



※拍手コメントの返信は、コメントを戴いた記事の最後に後日追記するという形を取らせていただいております。(2011.1.13更新記事以降)


Twitterはこちら。
Twitter@yusuraume87
ご用命は直接どうぞ。何か一言いただけるとありがたい。


ライブ履歴
L'関連はこちら
MONORAL関連はこちら
その他はこちら

最新記事
Counter
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -