L'Always

ラルクとともに生きる。

TETSUYA 「愛されんだぁ I Surrender」プロモーション編

Category: テッちゃん  

さて、昨日でひと段落した「愛されんだぁ I Surrender」のプロモーション。

今回は雑誌やネットのインタビューは一切なく(ないよね?)その分直接肉声で楽曲の話が聞けた展開になりましたかね。

私は現在関東を離れているためテレビの収録やリリイベなどそっと目を閉じて平常心を保ちつつ、生ではなく媒体を通して届く情報で満足するようにメンタルを仕向けておりました。


という事で今日はその辺について。




今回のプロモーションは


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

6/12 プレミアMelodix!(テレ東)

6/13 ニコラジ

6/13 てっちゃんねる生放送

6/15 NHK Music Line

6/16 ラジアンリミテッドF

6/17 タワレコ渋谷リリイベ

6/18 Love Music(フジ)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こんなラインナップ。

「てっちゃんねる」がプロモーションに入るかどうかは判断が難しい所ですが、緩めの基準という事で。

後はこの週MBSのレギュラーラジオ「イマドキッ!」がありましたけどあれはプロモーションという感じではない…いや、ある意味物凄い強力なプロモーションかもしれぬ…という置き所に困る内容ですが(笑)私はあの番組が好きなので、プロモーションとは切り離してもテッちゃんにはもっと積極的に出演していただきたいと思っております。




Love Music


「プレミアMelodiX!」は我が家では映らないので、テレビの露出は「Love Music」のみの確保。

テレビ用の尺でもきちんと曲の魅力は伝わったでしょう。

それにまあまあ上手に歌えてたし!(ライヴじゃこんなもんじゃねえ!と常に声を大にして伝えたいのだ)

何よりライヴ形式だからステージの上も下も熱くてよかったな~。

ファンの子達もいい感じにアイドルファンで個人的には気に入ってます(笑)

いやだってテッちゃんアイドルじゃんか。自分がライヴを見てる時(♡o♡)←こういう顔してるのは事実だしならずにはいられない存在でもありますから。下手にロックファン感ある感じは好きではないのだよ、テッちゃんの前では。拳突き上げたりするのは「愛されんだぁ I Surrender」ではちょっと違う感じだしね。


表情もいい感じにアイドルしてましたねー、

これなんか!


IMG_9681.jpg IMG_9682.jpg


IMG_9686.jpg



でもふと切り取るシーンを変えてみれば切なげな目線、

IMG_9684.jpg IMG_9687.jpg


IMG_9685.jpg


目の中にキラキラの星を潜め、全力で歌を伝える姿が大好きなのだ。



まあ、足の動きというか膝の角度も大好きなのでそこもしっかり注目していただきたく存じます。

足 


Juicy-Bananasからは深さんとヨッシーのみ出演。はやく全員揃った姿が見たくなりました。




NHK Music Line

南波志帆ちゃんとの声のトーンが最高の癒しでしたね。

トークの内容としては、NHKのスタジオ内にあるマイクスタンドへの食いつきっぷりが気になりましたけど、

彼女が言い放った「生涯モテ期」というテッちゃんへの評価が大変素晴らしかったです。

そして毎回楽曲に対するコメントが秀逸な彼女ですが、「愛されんだぁ I Surrender」に関しては

突き抜けるような爽快感が心地いいとってもスイートな曲で真底うっとりしました

と評しておりました。

私がごちゃごちゃ書くより的を得ていて完結で素晴らしい。さすが。




ニコラジ

 



やまちゃんとのトークに安心感があるのはやっぱり二人の長年の関係性もあるだろうけど、

何より2016年9月1日に「てっちゃんねる」が開設されてからというもの、てっちゃんとやまちゃんがまた定期的に公共の場にてお喋りする機会が設けられたからだと思ってるんです。

テッちゃんの話し方って本当か冗談かわからないテンションじゃないですか。それでも我々ファンはしょっちゅうテッちゃんの話を聞いているからこそ「あ、これは冗談、また言ってるよこのネタ」と経験則から判断している部分が少なからずあると思うんです。表情を見てればわかることもあるだろうけど、真実に照れて冗談ぽくしてしまったりする事もあるし、冗談を本気のトーンで話して相手によっては「嘘です」ってちゃんと言わないと通じない事もある。


それでも、テッちゃんとやまちゃんがいろんな話をし続けて、きちんと「ネタ」か「本当」かをやまちゃんが知り尽くした状態が出来上がってから、「ラジアンリミテッド」や「ニコラジ」などテツヤファンだけではなく色々な人が見聞きする場所に出て行く状況ができあがったからこそ、手放しで楽しめる状況ができ、テッちゃんものびのびとメディアで冗談を言える状況ができたんですよね。

今回の「ラジアンリミテッド」なんて「てっちゃんねる」で一度ネタを揉んでブラッシュアップした状態の話もチラホラ見受けられましたもんね。ピコ太郎の件とかw


個人的には、ちゃんころぴーちゃんが妙に好きになりました(笑)

発言は確かにおかしな感を受けるけど絶対頭のいい子だなと。失礼な所も気に障るような発言も全くないのにぶっ飛んだ感じを受けるのは、まさに「愛されんだぁ I Surrender」じゃん、ってね。今後のご活躍を祈念致します!








気になったのはタワレコ渋谷でのトークイベント(行ってませんよ)

いろんな感じ方をしている人がいるなあ、って、終了後にTwitterで情報を拾いながら思ってました。


個人的にはテッちゃんの言葉を文字に書き起こして下さる方々が頑張ってくれてるなあ、っていう。

テッちゃんが直接話しているのを見聞きすれば、すごく柔らかい雰囲気を持ってきちんと話してくれてるのが伝わるんですが、如何せん文字だけにすると、テッちゃんの言葉選びが強いんですよね。実際聞いてりゃそんな感じ方しないのに…!っていう事がよくあるから。だからこそ私は自分が直接聞いていないMCレポは絶対に信頼の置ける複数の方々の物を読み、そして前後の流れもきちんと把握してから噛み砕くようにしています。

MCレポに本当に必要なのは「記憶力」より「表現力」「理解力」だと思う。

人の話を間違って聞いてしまう人だって多いし、誤解が生まれないように補足する事だって絶対に必要。


…だから私はそれをすることを控えているんですがね、続けてくださってる方には本当に深く感謝しています。



以前、富良野だか苗場だかは忘れちゃったんですがhydeさんのMCがTwitterで流れてきて散々あれこれ言われた後、現地組だった友人が「hydeさんそんな言い方してないよ」ってフォロー入れてくれてた事があったんですけど、まさにそういう事なんですよ。内容が重かったり濃かったりショッキングだったりすると書く人の主観がモロに出る。そして聞いたばかりのテンションで発信する事、一刻も早く、って、冷静さを欠いた状態でやってはいけない事がある。私はそれをわかっているからこそネット上のファンの文字をそのまま受け入れて変な気持ちになるような事は絶対に避けるようにしてる。当たり前のことだと思ってるけど、みんながみんな実践できてるかっつったらまた違う話だもんね。





まあ、私から一つ言うとしたら、

「もうファンの呼称をしつこく要求すんのやめようぜ」ってとこかな(苦笑)

私の中ではもう「テツヤファン」でしっくりきてるし。




というわけで「愛されんだぁ I Surrender」関連はこれにてお開き!

Newer Entry6/28 ストレイテナー「BROKEN SCENE TOUR 2017」in 岡山CRAZYMAMA KINGDOM Older EntryTETSUYA 「愛されんだぁ I Surrender」ヴィジュアル編

Comments


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

☆ハナ太郎☆

Author:☆ハナ太郎☆
期間限定隠居中。
tetsuyaさんを遠くから見守り隊。
シエルちゃんやMUKIMPOくんをこよなく愛しています。

ストレイテナー、another sunnyday、MONORALも応援中。



※拍手コメントの返信は、コメントを戴いた記事の最後に後日追記するという形を取らせていただいております。(2011.1.13更新記事以降)


Twitterはこちら。
Twitter@yusuraume87
ご用命は直接どうぞ。何か一言いただけるとありがたい。


ライブ履歴
L'関連はこちら
MONORAL関連はこちら
その他はこちら

最新記事
Counter
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -