L'Always

ラルクとともに生きる。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L'Arc~en~Ciel「25th L'Anniversary LIVE」

Category: L'Arc-en-Ciel  
あの夜から一年空けずにリリースとなった「25th L'Anniversary LIVE」のLIVE CD。
そのせいか、全く「待ち望んだ」という気持ちがなかった。
ラルクとして「初のLIVE CD」と煽られた所で「今までオマケで付いてたじゃん」くらいにしか思えなかった。

CDが到着して目に入ったキャッチコピー、
もはや特別天然記念物!
を見て冷たい気持ちになった。
私が、私たちファンが望んでいるのはそんな事じゃない。
姿を現しただけで価値があるとされた所で、ラルクはミュージシャンなんだから。
20thの時に「伝説にはまだ早い」って言ってくれたじゃない。
いつまでも現役でいて欲しいんだ。

なんて思いながら開封し、
いつものようにブックレットを開くと、

はらり

一枚の白い羽根が
瞳の住人」のページから舞い落ちた。

溜息が出た。
羽根一枚で誤魔化される私も安いファンだ。

 

25th L’Anniversary LIVE 25th L’Anniversary LIVE
3,870円
Amazon

 



スポンサーサイト

接触を追う「25th L’Anniversary Live @ WOWOW」

Category: L'Arc-en-Ciel  

6/24にWOWOW様にて放送された「25th L’Anniversary Live

毎度の事ながら我が家では見れないので従姉に録画を頼むのですが、

彼女も生粋のオタクであるため私の気持ちを汲んでくれたのでしょう、

放送の二日後にはダビングして発送してくれていました。

さすが、持つべきものは血筋。


あの日からまだ二ヶ月ちょっとしか経ってないんですよね。

それもあってか、私の中で気持ちが「再燃」というよりはむしろ「火に油」状態だったようで、暑苦しいまでにラルク愛が炸裂してしまいました。

forbidden lover」なんか、あんまりにもテッちゃんの表情が素敵で、初回は巻き戻せるのに巻き戻す勇気が出ない程。何度も見たら私爆発してしまう!という恐怖に似た何かが全身を駆け巡っていたのでした。



見終わってまず感じたのは、

なんてあったかい空間だったんだろう

という事。


WOWOWさんが作ってくださった映像マジックもあるかもしれないけど、

ニコニコでキャッキャした楽しそうなファンの顔や嬉し泣きしちゃってる顔、男の子だって構わず。

愛がダダ漏れしちゃってるドエルと、

そして一緒に映るふわーっとした目線の「強烈なファンには見えないけど楽しんでいる」子たちの姿。

強烈なファンばかり映ってしまうと敷居が高くなってしまったり変な方向に勘違いしてしまう。

それを薄める効果もあるけど、実際ものすごく感動してる時って、自分が石になったんじゃないかって心配になる事があるじゃない?

それにガイジンじゃないんだから楽しさを外に出すのが苦手なファンもいる。

棒立ちでも実はすごく楽しんでたりさ。

そういうの全てを要所要所で挟み込みながら、

L’Arc~en~Cielが存在した、あの東京ドーム。



昔のような「わかりやすいファンサービス」が減った今でも、

すごく密にメンバーがメンバーを感じているのが、肌が焼けてしまう程に伝わってきました。

目線でのやりとり、視界の端で感じる存在、

直接的な接触もあるけど、それだけではない物が、きちんと彼らの間で存在しているって思えたんです。



という事で今回はそこに特化して、彼らの接触を書き出してみました。

写真はあげられないので文字による主観だらけの描写のみになりますが、

それでもよろしければお付き合いを宜しくお願いします。



25th L’Anniversary~総括~

Category: L'Arc-en-Ciel  


あれからもう一週間ですか

日常に戻った方、すっかり余韻が抜けた方、別のバンドでワイキャイしている方、いろんなパターンがあるかと思いますが、私はまだ爆発して塵のまんまです。ただ、ライヴで塵になったというより、その後の余韻や上がってきた情報なんかで何度か攻撃を喰らい、砕け散ったような具合かな。ライヴ中や直後は「わーカッコイイー楽しいーキャハハ~」くらいのテンションだったから。



ライヴのお話はこちら

ベース展示はこちら

にてお楽しみください。



そういや私レポでほとんどテッちゃんのMCに触れていないんですけど、

ちゃんと4/9が一人暮らし開始記念日で寂しくて一人で泣いてた話とか、「4+8+4+9=25」の話とか、4とか9の縁起の悪さとか、口臭電話とか、神経質じゃないと必死に話していたこととか、ちゃーんとヘラヘラしながら聞いて、脳味噌にしっかり定着させております。


そして色んな方のツイートやレポを読んで、こんなにみんな満足してないライヴは初めてだなあ、なんて思いました。

私はね、悲しいかなハードルは相当低いので何でも嬉しい。というか、あの状況でやれるだけのことはしっかりやってくれたんだろうな、って思ってしまう方で、できる限りの努力と改善があって、手を抜く真似なんてあの4人は絶対に無いって信じてるから、単純なライヴとして見れていない事は重々承知なのだ。一番悔しいのは当人だ、って。





4/8~9 L’Arc~en~Ciel「25th L’Anniversary Live」in 東京ドーム

Category: L'Arc-en-Ciel  

ずっと大事に温めてきた気持ちを解き放っても許される空間に飛び込む。


そんな二日間だった、

25th L’Anniversary Live



会いたい!

見つめたい!

聴き惚れたい!

溺れたい!


カッコいい!

凄い!

楽しい!

大好き!




大事に大事に箱にしまってた気持ちを全部ぶちまけ空になった箱に新しい想い出を詰め込んで持ち帰る。


そうやって気持ちを巡らせ浄化させる。

行き交う気持ちを真っ直ぐ呼吸するように。



久々に巡り会えたL’Arc~en~Cielのライヴ。

「おめでとう」より「ありがとう」でしかなかった。

ただそこで鳴らされるL’Arc~en~Cielに。




2017.4.8~9

L’Arc~en~Ciel

25th L’Anniversary Live 

in 東京ドーム

IMG_9152.jpg IMG_9120.jpg



※ただの感想文です。お時間のある方、暇つぶしにゆっくりじっくり読んでいただけたら幸いです。


L’Arc~en~Ciel「L’ArCASINO」Blu-ray感想

Category: L'Arc-en-Ciel  
随分と焦らしに焦らされた「L’ArCASINO」Blu-rayのリリース。
まあWOWOWの映像があるしいっかなー…


なんて思うわけねーだろ!!!


相変わらずの「説教をお求めですか?(ニコニコ)」と言いたくなるような納期に多大なるL’Arcrew感を感じずにはいられませんでしたし、リリースが具体的に決定した後の特典への大ブーイングを横目で眺め、ああ…ラルクが動いてるわ…としみじみ思っていた次第(私自身はもうチケ取りでいっぱいいっぱいだった)



まあね、無事世に出されたならあとは思う存分、擦り切れるまで堪能するのみ。
とりあえず先に「ライブ使用ベースリスト」を更新しといたのでそれをご覧いただきつつ(サービスショットは結構そちらに載ってます)
全体的な感想などをこちらに書こうかと思います。

 



L’Arc-en-Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO(初回生産限定盤)(BD+...L’Arc-en-Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO(初回生産限定盤)(BD+...
13,608円

Amazon

 


1


07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

☆ハナ太郎☆

Author:☆ハナ太郎☆
tetsuyaさんを遠くから見守り隊。
シエルちゃんやMUKIMPOくんをこよなく愛しています。

ストレイテナーも応援中。



※拍手コメントの返信は、コメントを戴いた記事の最後に後日追記するという形を取らせていただいております。(2011.1.13更新記事以降)


Twitterはこちら。
Twitter@yusuraume87
ご用命は直接どうぞ。何か一言いただけるとありがたい。


ライブ履歴
L'関連はこちら
MONORAL関連はこちら
その他はこちら

最新記事
Counter
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。